本項目では、食肉(しょくにく)のうち、食用にする肉について述べる。主に鳥類を含む動物の肉、畜産動物または野生動物を食肉加工したものについて解説する。 『広辞苑』の「食肉」の項目では、説明の1番目に「魚鳥獣などの肉を食うこと」とあり、説明の2番目に「食用とする鳥獣の肉」を挙げており、本記事は後者につい
47キロバイト (7,261 語) - 2019年9月30日 (月) 11:54



(出典 t.pimg.jp)


こういう人達がいるから新鮮な肉が食べれるわけだから、文句ある人は肉や魚を食べなければ良いと思う

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/05(木) 07:02:08.26

肉や魚、人によっては米や野菜も含むかもしれない。私たちが口にする食べ物は、“いのち”を犠牲にしたものも少なくない。命を食べて命は生きる――。
日々の生活で、そんなことを考える機会は少ないし、毎日それに感謝して生きねばならないとなれば少し窮屈だ。

それでも、例えば、焼肉。牛や豚の赤肉からホルモンと呼ばれる内臓類まで、余すことなく食べている。命をいただくことで、人間は自分の体を作る。その繰り返しだ。
こうした営みは、牛や豚を解体する屠畜と呼ばれる作業があって初めて成り立つ。

大阪府貝塚市に、牛の飼育から屠畜、さらには店頭販売までを家族ぐるみで行ってきた精肉店がある。「牛がかわいそう」「残酷だ」。
そんな理不尽な言葉やいわれなき差別に苦しみながら、大切に飼育した牛を食用にするかけがえのない作業を担ってきた。

精肉店はドキュメンタリー映画の舞台ともなった。映画を追体験するように店を訪ねてみた。
出会ったのは、差別に向き合いながら何よりも人や動物の命を大切にし続けてきたある一家の姿だった。


(出典 static.blogos.com)


次男の昭さん(当時58歳)が黒毛の牛を「よしよし」と野太い声でなだめながら引っ張り、精肉店前の道路をゆっくりと進む。
向かう先は歩いて5分ほどの距離にある貝塚市立屠畜場。屠畜場に入れた牛を落ち着かせると、昭さんは自らの腕で牛の眼を覆ってやった。
その隙に、長男の新司さん(当時59歳)が牛の眉間をめがけてハンマーを振り下ろした。

今から7年前の2012年3月。屠畜場は102年の歴史に幕を下ろした。その閉鎖前、最後に行われたのが北出精肉店による作業だった。
その当時の2回にわたる解体の様子が、映画「ある精肉店のはなし」(13年11月29日公開)の中に記録されている。

気絶した牛が巨体を倒れこませると、体内の血を抜く「放血(ほうけつ)」作業を素早く行う。床に充満する血を水で流し始めると、そこからは時間の勝負。
かわいがった牛がたくさんの人に「あの肉おいしかったよ」と言ってもらえるように肉の鮮度を意識する。


(出典 static.blogos.com)


牛1頭を40~50分で解体 受け継がれた“いのちの職人”の技

作業には、長女の澄子さん(当時62歳)、新司さんの妻・静子さん(当時66歳)も加わる。
分担して牛の脚や腕を固定し、新司さんと昭さんが使い込んだナイフで皮をむいていく。牛の腹の部分を開くと、内臓が姿を現した。小腸や大腸、そして胃。いわゆるホルモンだ。

昔から内臓の処理は女性と子どもの仕事だった。頻繁にナイフを使い分けながら、部位ごとに分けていく。
大きな水槽で、長さ25メートル以上に及ぶ小腸を洗ったり、頭部から舌(タン)を切り出したり。この時ばかりは、女性2人の表情も真剣そのもの。黙々と作業は進んでいく。

皮をむいた牛は天井からつるして、最終的には「枝肉」と呼ばれる半身の状態にする。電動のこぎりを持つのは新司さん。
飼育してきた牛の背骨に刃を入れる。良質な商品にするため、肉を傷つけないように慎重にチェーンソーを扱う。

次第に、鮮やかな赤色の肉があらわになっていった。それは私たちが、スーパーなどで目にする「ステーキ用」「カレー用」として見慣れた肉そのものだった。
解体作業にかかる時間は毎回40~50分。黙々と牛と向き合う4人の眼差しは、“いのちの職人”という言葉がふさわしいかもしれない。

被差別部落として他地域と分断 住民を苦しめる理不尽な差別
貝塚市がある大阪府南部。1994年に開港した関西国際空港が一つのランドマークだ。だが、それ以上に人々を魅了するのが全国的には岸和田市で有名なだんじり祭り。
泉大津市や和泉市、熊取町など、それぞれの地域に古くから大切にしてきただんじり祭りがあり、貝塚でも毎年10月に催されるそれは住民の一大イベントだ。

北出精肉店がある地域のだんじり(山車)は、とかく豪華絢爛だ。
高さは3.7メートル、幅は2.3メートル。
正面には、武田信玄と上杉謙信が争った川中島の合戦の模様が描かれ、内部の木彫りのこだわりぶりは際限がない。
そんな立派なだんじりには、差別に苦しまされた地域の人たちの意地が込められている。

https://blogos.com/article/418170/
2019年11月19日 07:07


(出典 t.pimg.jp)



(出典 www.illust-box.jp)





16 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:10:29.55

>>1
そんな差別があるのか。四つ足でも魚でも、余すところなく捌く技術を持つ人ははマイスターと称えられていい者だと思っていたがな。


52 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:18:06.88

>>16
ところが現状最下層だわさ
そのおかげがO157な訳でね


44 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:16:45.63

>>1
戦後の屠殺業者は、それまで手に職が無かった人が積極的に参加したことで知られ
部落の人間や在日が多いのは事実。
東京でも、屠殺業者=部落・朝鮮人
という図式は成り立つ


8 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:07:23.92

>「牛がかわいそう」「残酷だ」。そんな理不尽な言葉やいわれなき差別に苦しみながら

ヴィーガンは差別主義者


10 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:08:09.46

屠畜作業は大変な仕事だと思うよ。
その仕事を担ってくれる人たちには本当に感謝してます。


11 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:09:04.89

むしろ感謝しかしてないわ


28 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:13:09.56

>>11
それそれ
クソなのは同和利権者やヤクザなど差別商売してるやつらだからなあ


14 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:10:02.17

牛さんがかわいそうとか言ってハンバーグくってるバカが多い国、日本。


15 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:10:07.86

肉を食っておいて非難するのは理解できないな
肉風の食べ物を作ってるビーガンも同様


17 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:10:59.11

俺は全く差別意識無いけど。
誰が言ってんの?地元の連中?


20 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:11:27.52

作業してんのはバイトでしょ
部落は経営者側で利権を得てるだけだよ
今は


22 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:12:45.32

肉屋の息子であるトルシエを
差別させるものに印象づけ
そんなものの通訳になってあげる僕
を印象づけたお坊っちゃまがいるらしい。


30 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:13:30.27

牛解体さて牛がかわいそう、今夜はすき焼き


32 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:14:13.03

昔は一般家庭でも鶏を絞めてたんだよ
屠畜が差別の理由じゃない


33 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:14:17.75

うん、だから、MSが頑張ってるような 野菜からつくる肉みたいなのにすればいいじゃない
先駆けるのだ^^


36 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:14:35.10

感謝とか言いながら飯を捨てまくるジャップ


37 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:14:45.81

こういう映像を給食の前に見せて
子供達をベジタリアンにすればよい


43 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:16:36.44

穢れを忌避する神道が悪い、海外ではこんな差別は皆無


47 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:17:41.52

その一方、マグロの解体ショーは今日も大盛況であった・・・。


48 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:17:44.31

漁師が魚を釣る映像はしょっちゅうTVで流れるのに
なんでこういう映像はTVで流さないの?


51 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:18:04.89

めんどくさい背景があることへの対価こみこみで
今の肉の値段がついてると思ってる


54 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:18:39.64

どの仕事も全て世の中の役に立っていて助かってる人がいるのに、○○のくせにとか、所詮○○とか、○○なんて誰でもできるとか、見下して自分が偉くなったかのように勘違いしてる人がいる


56 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:19:01.53

まぁ、屠畜業や皮革業はどこでも蔑まれるよね。


78 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:22:31.92

>>56
日本と朝鮮くらいだよ
たぶんルーツが同じだから


59 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:19:32.04

今も純粋に部落だからと差別されることはあるの?


60 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:20:01.12

差別助長ビジネスだよね
そんな事に差別がある訳がない
今の子はそもそも機械が切ってると思ってるよ


62 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:20:07.63

> 「牛がかわいそう」「残酷だ」

この文言は完璧にサヨク
自然保護団体や環境保護団体に通じるものがあるからな

ウヨだったら
穢れ関係の文言になる


74 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:21:28.02

>>62
なるほど、説得力あるわ


67 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:20:25.21

家族のように可愛がって育てた豚や牛を
食肉用に殺すことを厭わないことに
狂気を感じるよ。
別に家族とは思ってなくて淡々と育てて殺してるならまだしも。


92 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:24:37.13

>>67
大事に育てるけど可愛いとは思ってないよ
そこらへんは結構ドライ
しかしペットとして飼うと決めた動物は可愛がる
ちゃんと線引きしてるから肉にできる


82 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:23:00.14

勝手に差別されてるって思いこむ病気はなんて名前なん


93 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:24:41.40

>>82
疎外感かぁ
パーソナリティ障害全般とうつ、統失色々だな


94 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:24:45.55

ただただ感謝しかない
お肉美味しいです


97 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 07:24:55.16

と畜する人が頑張っているから、我々は新鮮なホルモン焼きが食える
大変な仕事に感謝の思いしかないわな