今日の( ゚Д゚)ニュース

自分で気になった記事をまとめています。 ジャンルは問わず出していますのでぜひぜひ見てくださいな♪

    カテゴリ: その他


    秋元 (あきもと やすし、1958年5月2日 - )は、日本の音楽プロデューサー、作詞家、映画監督、放送作家。東京都渋谷区在住。妻は元アイドルの高井麻巳子。株式会社秋元康事務所所属。 AKB48グループや坂道グループのプロデューサーで、ほぼ全ての楽曲を作詞し、番組の企画構成やドラマの脚本も手掛ける
    200キロバイト (20,314 語) - 2020年2月22日 (土) 09:59



    (出典 www.sankei.com)


    この人何かしてるのかな?

    【【AKBグループの親】秋元康氏と坂道シリーズ】の続きを読む


    前澤 友作(まえざわ ゆうさく、1975年11月22日 - )は日本の実業家、起業家、ミュージシャン。株式会社スタートトゥデイ代表取締役社長、株式会社ZOZOファウンダー、公益財団法人現代芸術振興財団会長。千葉県鎌ケ谷市出身。血液型はO型。 フォーブス誌によると2019年3月時点で、総資産は2220億円で、日本長者番付23位。
    23キロバイト (2,988 語) - 2020年1月31日 (金) 10:22



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    確かに募集しておいて中止にするのは可愛そうだと思う

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/02(日) 19:57:06.22 ID:U223zlKk9.net

    1月9日に“お見合い番組”への出演を告知していたZOZOの創業者で元社長の前澤友作氏。2万7000人を超える応募がありながら出演中止を表明し、インターネット上で「無責任だ」と批判が巻き起こっている。

     企画中止となった番組は、AbemaTVの『前澤友作 真剣お見合いドキュメント ~FULL MOON LOVERS~』。前澤氏は1月30日更新のツイッターで、“個人的な事由”により出演ならびに放送中止を申し出たと報告。続けて「真剣に出演させていただくことを決めたものの、どうしても最後まで自分の気持ちを整理することができませんでした」「中途半端な気持ちのまま番組に臨むことは、参加してくださる皆さまに大変失礼」などと綴った。

     前澤氏のツイートによると応募数は2万7722人に上り、「本当に申し訳ない気持ちでいっぱい」と謝罪。一方、ネット上では、告知からひと月もたたないなかでの翻意に批判が続出。「いったい何がしたかったの?」「だったら最初から『出演する』なんて言わないでほしい」「自分の影響力を誇示したかっただけなんじゃない?」と、厳しい意見が寄せられている。

    今回の一件を含め、前澤氏の行動には「単なる話題づくり」と冷ややかな声が目立つ。前澤氏といえば1月1日、100万円を1000人にプレゼントする“お年玉企画”を発表。抽選実施後の19日には追加で20人に100万円をプレゼントする企画も始めていた。また、前回抽選で95人の当選キャンセルが発生したため、繰り上げ当選者を決めるための再抽選を近日中に実施するとも発表。そのような流れから、前澤氏に向けて「金で人を釣ってばかりで虚しくならないのかな」「庶民に構ってほしくて仕方ないんですね」といった批判的なコメントも多い。

     そんな批判の声とは裏腹に前澤氏はYouTubeで、「【序章】前澤友作のハワイ編、はじまります。」と題した動画を24日に公開。さらりとした口調で「ハワイ島が大好きすぎて、僕はすでに土地を買って、家をちょうどつくっているところ」「日本の家と同じように、こだわりまくっちゃっていて時間がかかって、まだできていない」と明かしている。ちなみに、前澤氏は千葉市内に400坪もの豪邸を建設中。ハワイの自宅は完成まで1、2年はかかるそうだが、「誰得の情報?」「日本だけでなくハワイでも自己顕示欲を振りまくのか」という意見が寄せられている。

     今回のお見合い企画中止により、大きな反発を買ってしまった前澤氏。再び信頼を取り戻すための“新たな企画”は発表されるのだろうか

    2020.01.30
    https://biz-journal.jp/2020/01/post_139525_entry.html


    (出典 i.imgur.com)



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【【批判】前澤友作氏、“お見合い企画”2万人応募でも出演中止に批判続出…】の続きを読む


    月刊AKB48グループ新聞(げっかんエーケービーフォーティーエイトグループしんぶん、題字は月刊AKB48Group新聞)は、制作出版社であるKimiBokuが制作し、スポーツニッポン新聞社が発行するアイドルグループAKB48グループを題材とした月刊新聞である。日刊スポーツから2011年12月16
    11キロバイト (1,389 語) - 2020年1月20日 (月) 09:20



    (出典 d2dcan0armyq93.cloudfront.net)


    AKBも伸びなくなったね😅

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/22(水) 22:19:27 ID:gyVfoWhw9.net

    「やっぱりダメでしたね。グループの人気とは別でしょうが、1年あまりで幕を閉じるとは……」

    メディア関係者がそう漏らすのは、『月刊AKB48グループ新聞』の動向に関してだ。
    コンビニや駅の売店、専門ショップなどで販売され、32ページのタブロイド判で毎月第3金曜に発行されている。
    創刊号の発行部数は35万部で、フルカラー。それぞれのグループ情報やグラビア、インタビューが掲載されファンを楽しませていた。

    2011年12月の創刊以来丸8年。発行元が日刊スポーツからスポーツニッポン新聞社に移ってからちょうど1年。

    「休刊が決まりました。今月末に2月号が発売されますが、それでおしまいです」(前出・メディア関係者)

    発行元のスポーツニッポンに問い合わせると「弊社が制作しているのではないので、何もコメントできません」というのみで、明言を避けた。

    現時点で公式のホームページやツイッターで、休刊のお知らせはしていない。 

    「例えば2月号が爆発的に売れたとしても、休刊の決定は変わらないようです。
    秋葉原の書店でも、いつもかなりの在庫が重ねて店頭に並んでいましたから、売れているんだろうと思っていましたが、まさか休刊になるとは……」(前出・メディア関係者)

    読者離れは“飽き”なのか

    スポーツ紙芸能担当記者は、こう漏らす。

    「もともと日刊スポーツにいた記者が制作し、日刊スポーツが発行元になってやっていましたが、もう持たないと判断して一昨年秋に店じまいを決めた。
    担当していた記者は独立し、スポニチに売り込んで続行を決めた、という経緯があります。
    日刊スポーツの販売・営業のプロが総合的に判断して休刊を決めた媒体ですから、発行元が変わったからといって好転するわけはないんです」

    握手会券付きのCDは、いまも“AKB48商法”として勢いを保っているが、同紙が『世界で唯一の専門紙』とうたう紙メディアは、独自の“商法”を生み出すことはできなかった。

    「裏ネタもないきれいなPR記事なんて、金を払って読みたいと思いますか? 記事を書いている記者が、自分ひとりで8割ぐらいは書いているって言っていましたが、
    新聞や雑誌は、いろんな文体のいろんな記事があるのが魅力であって、同じ人が同じテイストで書いていたら、読者も飽きますよ」(前出・スポーツ紙芸能担当記者)

    乃木坂46、欅坂46、日向坂46の『坂道』グループの勢いが目覚ましい中、『月刊AKB48グループ新聞』の休刊がどんな余波を広げるのか。気になるところだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17703208/
    2020年1月22日 21時30分 週刊女性PRIME


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 lh5.googleusercontent.com)


    【【悲報】『月刊AKB48グループ新聞』の休刊が決定、紙では独自の“商法”生み出せず】の続きを読む


    今市 隆二(いまいち りゅうじ、1986年9月2日 - )は、日本の歌手。三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのボーカル。 京都府生まれ、神奈川県川崎市育ち。身長175cm。 川崎市立犬蔵中学校卒業[要出典]。高校中退。18歳から圧接工の仕事をする。 2006年、『VOCAL
    15キロバイト (1,037 語) - 2020年1月20日 (月) 05:06



    (出典 img.ananweb.jp)


    こういうことしそうな顔してるよね😅

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/19(日) 17:15:36 ID:787rOGwB9.net

    2020年1月5日、沖縄県石垣市内のカラオケバーにて「三代目 J SOUL BROTHERS」のメンバー今市隆二(33)が同席した女性に酒をぶっかけ、トラブルに発展していたことが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。
    酒を人の身体にかける行為は暴行罪に問われることもあるという。

    今市といえば「三代目JSB」のメインボーカル。クールキャラとセクシーな歌声で多くの女性ファンを魅了し、グループ内でも1、2を争う人気メンバーだ。

    「2010年、応募総数3万人のオーディションから合格したシンデレラボーイで、グループ加入前までは工事現場の作業員だった。高校中退し、18歳から金属の溶接に関わる仕事をしており、番組では『歌うガテン系』と紹介されていた。
    オーディション合格を機に『夢を追うため』と、7年間付き合った彼女と別れたというエピソードはファンの間では有名です。泥酔するようなイメージはなく、”謙虚なボーカリスト”という印象です」(スポーツ紙記者)

    勝負の年の始まりに“事件”は起きた

    三代目JSBの所属事務所「LDH」にとって2020年は6年に1度のファンへの祭典「LDH PERFECT YEAR 2020」が年明けとともにスタートし、多くのビッグイベントやサプライズ企画が予定されている。
    今市としても、1月15日にはソロアルバム「ZONE OF GOLD」をリリース。1月23日からは登坂広臣(32)とともにドームツアーを開催する。まさに勝負の年の始まりに“事件”は起きた。

    2019年を福岡でのカウントダウンライブで締め括った今市。他のLDHファミリーやスタッフらと遅めの冬休みを過ごすために石垣島を訪れたのは、年明けの2020年1月4日だった。
    久しぶりの休みに今市は大はしゃぎだったという。

    「石垣島はもともとLDH社長のHIROと上戸彩夫妻が頻繁に訪れる”行き付けのリゾート”。その関係でLDHグループのタレントもよく来るのです。
    4日も居酒屋を貸し切りにし、LDH所属タレントや先輩ファミリー、さらに偶然、島を訪れていたジャニーズタレント夫妻も合流。合計8~10名ほどで新年会が行われました。
    皆、『玉の露』という泡盛をずっと飲んでいましたが、最後はレモンサワーで乾杯していました」(店舗関係者)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200119-00027368-bunshun-ent
    1/19(日) 17:00配信


    (出典 Youtube)

    三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE / 冬物語


    (出典 img.ananweb.jp)


    【【酒癖】三代目JSB・今市隆二が沖縄・石垣島でナンパ女性に酒をぶっかけ泥酔トラブル!】の続きを読む


    快楽女王』で共演したあいだももと、翌1991年に結婚する。1993年、「高知東急」名義で芸能活動を開始。1996年に離婚。同年、東京急行電鉄側から不正競争防止法を根拠に高知東急の芸名使用停止訴訟を受け、1998年に高知の敗訴が確定し、「東京で生きる」という意味を込めて東生に改名。 1999年2月に高島礼子と再婚。あいだ、
    18キロバイト (2,211 語) - 2020年1月17日 (金) 20:31



    (出典 anoima.info)


    相当辛かったんだろうね、でも薬に手を出したらさらに辛くなるんだよね

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/19(日) 23:11:20 ID:NsDvf11d9.net

    現在発売中の『婦人公論』1月28日号に高知東生さんのインタビュー記事が掲載されている。
    2016年6月に、覚せい剤と大麻所持の容疑で逮捕された高知さん。妻(当時)の高島礼子さんは涙ながらに謝罪し、後に離婚を発表した。
    そして現在、高知さんは自助グループとの出会いを得て、自らの薬物依存体験と後悔を全国各地で語り続けている。
    執行猶予期間の4年が明けるまで、あと約8ヵ月。高知さんの心を支えているものは何なのか──(構成=丸山あかね 撮影=本社写真部)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    自助グループに出会い、やっと見つけられた居場所
    逮捕された瞬間に、「これで救われた」とホッとしたのを覚えています。女房を裏切り、女性と一緒にいたところに踏み込まれた。女房に対して最低なことをした僕ですが、そのときはもう、自力で薬をやめることができなかったから。このまま続けたらすべてを失うことになるとわかっていたのに……。脳が薬物の力で支配され、自分で自分をコントロールできなくなってしまう。僕は「薬物依存症」という名の病気です。

    今も有名人の薬物事件のニュースを見ると、当時のことがフラッシュバックします。自業自得ですが、マスコミに追い回されたことがトラウマになっていて、さっき撮影されたときも、シャッター音を聞いただけでビクッと身構えてしまいました。

    正直、「悪い夢を見た」と流してしまえたらどんなにいいか、と思います。でも罪を犯したのは事実だし、過去は消せない。このことを受け入れたうえで深く反省し、経験を生かすことが僕に与えられた使命だと思っています。

    こんなふうに冷静にとらえられるようになったのは、2019年の2月に依存症患者が自らの体験を語り合う自助グループに出会い、「苦しんでいるのは自分だけではない」と知ったことが大きかった。9月には依存症予防教育アドバイザーの資格を取得し、現在は依存症予防イベントなどで講演活動をしています。

    依存症当事者や家族の方の前でもお話しする機会が多いのですが、この活動に僕も助けられています。自分の体験を語ることはセルフカウンセリングの一環でもあるんです。

    また、依存症の家族を持つ方々にふれ、別の角度から依存症問題を見ることができるようになったのは大きな収穫でした。パワーをもらえるのもありがたい。「家族を依存症から救いたい」と藁にもすがる思いで僕の話に耳を傾ける方々を目の当たりにして、自分のつまずきを価値に変えることができるかもしれないと考えるようになりました。

    僕は今、自分の居場所があることに感謝しながら生きている。欲もプライドもない素の心で、一から人生をやり直すチャンスを与えられているのです。

    判決後の苦しかった日々。死のうとまで思い詰めた
    2016年の9月に懲役2年・執行猶予4年の判決が下されました。その頃は人の目が気になって仕方がなかったんです。自分に寄り添ってくれた数少ない友人たちからも、「外に出たら石を投げられるぞ」とか「奥さんのファンに殺されるぞ」とか忠告されていました。

    彼らに悪気はないと理解していますが、専門的な知識のない人の感情論に耳を傾けるべきではなかったと今は思っています。正直、僕の苦しみは家にこもっているあいだに増幅し、自分と向き合うどころか、「もうダメだ」と自分を追い込むことしかできませんでした。

    そもそも家から一歩も出ないなんて、現実的には無理なんです。最初のうちは友人が食事を運んでくれていましたが、次第に来たり来なかったりするようになって、そのことに対して文句を言える立場ではない。

    そこで意を決して一人でコンビニへ行きました。帽子を深くかぶってマスクもしていたのに、信号待ちで隣にいた5歳くらいの男の子が「ハンゾウチーフだ! なんで出なくなったの?」って(笑)。ハンゾウというのは、『逃走中』というバラエティ番組で僕が演じていた役の名前なんです。一緒にいたお母さんが慌てちゃって。

    でもそのときに、「高知さんですよね。頑張ってください!」と声をかけてくれました。嬉しくて、親子を見送ったあと、その場にしゃがんで号泣してしまいました。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17671769/
    2020年1月16日 12時10分 婦人公論.jp


    (出典 img.jisin.jp)


    【【薬物】覚せい剤で逮捕された、高知東生の今「妻を泣かせた日から…」】の続きを読む

    このページのトップヘ